都市問題としての児童虐待:人口の地方回帰、公教育の拡充を

20日の関係閣僚会議にて児童虐待に関する緊急対策が取りまとめられました

mainichi.jp

引用したニュースのタイトルにもある通り、目玉は児童福祉司数を増やすことにあるようです。短期的な当面の対策としての方向性は全く間違ってないです

ということで、この記事では、今回のような緊急の対策ではなく、もっと長期的にこの問題を根本から解決していくためにはどうすれば良いのか、大きな視点で考えたいと思います

目次

問題の背景:都市化が保護者の養育能力を奪っている

児童虐待がなぜ起こるのか、その要因は様々ですが、ひとつのとっかかりとして総務省が2010年に公表した意識調査の結果を見てみます。意識調査では、児童福祉司に対して以下のような質問をしています

児童虐待の防止等に関する意識調査

あなたは、児童虐待の発生要因は何であると思いますか。次の選択肢のうち、特に大きな発生要因であると思う選択肢を三つまでお選びください。

このうち、最も回答割合が大きかったのが、

保護者の養育能力の不足

で、回答者の6割以上がこれを選択してます

ではなぜ保護者の養育能力が不足している(と児童福祉司が認識している)のか?これは多くの議論があるかもしれませんが、文科省の白書から引用してみます(下線は筆者によるもの)

平成17年版文部科学白書

(1)家庭教育の現状

家庭教育は,すべての教育の出発点であり,子どもが基本的な生活習慣・生活能力,豊かな情操,他人に対する思いやりや善悪の判断などの基本的倫理観,自立心や自制心,社会的なマナーなどを身に付ける上で重要な役割を果たすものです。

しかしながら,近年の都市化,核家族化,少子化,地域における地縁的なつながりの希薄化など,家庭や家族を取り巻く社会状況の変化の中で,家庭の教育力の低下が指摘されています。

1地域・家庭の変化

かつて日本では3世代同居型の家庭が多く,親以外に多くの大人が子どもに接し,それらが全体として家庭教育を担っていました。地域の人々とのつながりも今より密接で,人々が子どもたちを「地域の子ども」として見守り,育てていました。そして,子どもたちも地域の年の違う子どもと接したり,幼い子どもの世話をしたりした経験を持つなど,子育てを支える仕組みや環境がありました。

しかし,都市化,核家族化,地域のつながりの希薄化が進んだ結果,今日では多くの地域で,子育てを助けてくれる人や子育てについて相談できる人がそばにいないという状態が見られます。

また,少子化が進む中で,若い世代の多くは,実生活の中で乳幼児に接したり,幼い弟妹の子守りをする機会が少ないままに大人になっています。このため,親の中には,乳幼児とはどういうものか,親として子どもにどのように接したらよいのかわからないなど,育児不安を持つ親が増えています。

2人々の意識や課題の多様化

人々のライフスタイルや意識が多様化し,それぞれが抱える課題も一様ではありません。例えば,仕事を持つ親は子育ての時間の不足に悩み,一方,専業主婦は日々の子育ての中で孤独感に悩む傾向が見られます。また,周囲の人の助けを上手に借りながら子育てをしている親もいますが,一人で子育てを抱え込みこれ以上自分自身を追いつめてはいけないというほどがんばっている親や,子育てには無関心な親もいます。さらに,離婚等により,仕事と子育てを一人で担っている親など,周囲の支えをより必要としている親もいます。

要するに、ここまでの流れを整理すると、

都市化→親が孤立→虐待

ということです

児童福祉司一人あたり虐待相談:都市ほど負荷が大きい

この仮説をざっと検証してみましょう

以下は、都道府県+指定都市+中核市において、配置された児童福祉司一人あたりの児童虐待相談件数を手元の数字で計算してみたものです*1

f:id:smizuki:20180722185413p:plain

見事に首都圏を始めとする都心部が上位に並んでいることがわかります。なお、平均値は約40件なので、大阪は平均的な自治体と比べて2倍の負荷がかかっている状態です

表にはありませんが、最下位の鳥取県児童福祉司一人あたり3.76件、ついで島根県高知県、鹿児島県と、大都市をもたない地方が並ぶので、明らかに都市問題だと言えそうです

もちろんこれには児童福祉行政の供給側である自治体側の事情*2などもあるので、完全に上記の仮説を説明し得るものではありませんが、一部の都市にのみ負荷が偏っていることは間違いなさそうです

解決の方向性

ではどうやって解決していけばよいのか。長期的な解決策と中期的な解決策を取り上げたいと思います

長期的な解決策:人口の地方回帰

今回の対策のように、児童福祉司を増やして、特に相談件数が多く負荷がかかっている都市部に多く配置することができれば、児童福祉司一人あたりのカバレッジが狭められるので、対応能力が上がるのは間違いないと思います

とは言え、単に数を増やしただけで問題がきれいさっぱり解決できるかと言うとそういうわけではありません

引用した総務省の意識調査では、都市部で発生した児童虐待のほうが地方部で発生した児童虐待よりも対応が困難だとする児童福祉司が大勢を占めており、その要因として、

都市部では、近隣関係の希薄化、密閉性の高い建物構造等により発見されにくいため悪化した状態で児童虐待が見つかることが多いから

を挙げる児童福祉司が8割以上にのぼっています

もうこうなると児童福祉司がどうとか児童相談所のあり方がどうとかいう現場レベルの話ではなく、抜本的な構造改革が必要なレベルの高度な都市問題です

東京一極集中の是正、人口の地方回帰を促す地方創生に関する一連の取組がスタートして4年になりますが、こういった地方回帰政策が長期的には最も児童虐待に効いてくるのではないでしょうか

短期の解決策:公教育の拡充

もう少し短期的な解決策だと、教育環境の整備が手をつけやすいかもしれません

以下は、公立小学校における教員一人当たり児童数と児童福祉司一人あたり虐待相談件数を都道府県単位でプロットしたものです

f:id:smizuki:20180722202951p:plain

虐待相談が多い都道府県ほど教員一人で面倒を見なければならない児童数が多い(=教員数が少ない)という特徴があります

児童福祉司児童相談所の体制強化も重要ですが、教育現場を児童の見守り手として機能させるために巻き込んでいき、児童福祉司の負荷を減らしていくというのも一つの糸口かと思います

ということで、今回はこの辺で

*1:傾向値としては正しいですが、作業の都合上正確性を少々欠いています。引用はお控えください

*2:配置したくても予算が下りない、相談所が少ない、など

氷河期世代の賃金格差:現状、解決策と政策の動向

メルマガで募集していたアンケートの中で、氷河期世代の賃金格差について書いてほしいというご要望があったので簡単に書いてみます

目次

問題の所在:定職に就けても就けなくても地獄

問題は、バブル崩壊直後に就活生だった人々が、不況のあおりで採用マーケットから大量にあぶれてしまい、スキルを身につけるチャンスを逸し、そのまま低賃金ワーカーとして滞留している点ですね

彼らの中に埋めようがない格差があることは事実で、それがリーマンショックのように比較的早く波が引くような性質のものであればまだ挽回の余地があったものの、10年近くに渡って長期化してしまったことで、取り返しのつかないことになってしまっていると

彼らを就活時に定職に就けたかどうかで切り分けると、定職に就けなかった者が多い一方で、定職に就けたとしても低賃金雇用に従事しているという現実があります。以下、それぞれについて整理します

定職からあぶれた人が多い

 有効求人倍率の推移をみてみます。下図の赤字で示しているのがいわゆる就職氷河期の採用マーケットで、リーマンショックは割とすぐ跳ね返っているのに比べるとかなり長期間にわたって就活戦線が冷え込んでいたことがわかります

f:id:smizuki:20180716215530p:plain

倍率1.0を下回れば求人に対して求職者が1人以上いるという状況なので、非常に限られた枠をめぐる争いだったことが容易にみてとれます

定職に就けても賃金は低い

もっと深刻なのはこうした激烈な就活戦線に生き残った人々も決して高待遇というわけではないという点です

下図は2011年から2016年にかけての一般労働者の所定内給与(要は長い間働いてる人の普通の給料)の変化率を表したものですが、ものの見事に赤く示された氷河期世代のみがマイナスとして出ています

2011年から16年にかけての年齢階級別所定内給与の変化率。氷河期世代のみがマイナス

平成29年版厚生労働白書では、氷河期世代のみにみられるこうした賃金の動向について以下の通りコメントしてます(下線は筆者によるもの)*1

これは、バブル崩壊後、厳しい経営環境の下で人件費抑制へのインセンティブが高まり、大企業を中心に業績・成果主義を導入する企業が増加したことが背景にあると考えられる。

バブル崩壊後の就職氷河期に就職した世代は、景気の長期低迷により大企業を中心に行われた賃金制度の見直しにより、年功的な賃金カーブが抑制された影響が現在まで続いている可能性が考えられる。

 解決策:支援施策の積み重ね

こうした現状を解決するには?と考えると、今ひとつ有効打に欠けるというか、やはり細かい施策の積み上げで多面的に支援するのが良いのかなと

ざっと思い浮かぶ限りだと以下の3種類が大きな方向性なのかなと思います

求職者のスキル開発

既存の政策ツールを活用するなら職業訓練が一番です。ただし職業訓練でできるスキルアップにも限界があるので、抜本的な賃金の改善につながるのかと問われると微妙な気もします

求職者と求人のマッチング機能強化

ハローワークがメインですが、あとは地方事業者とのマッチングとか、キャリア相談会とかですかね。個人的には民間の転職支援サービスをもっと流行らせたら良いのにと思います。抑圧された賃金カーブの外に出たらもっと良い求人がたくさんあるよということを示せば、大企業側に賃金体系を見直すインセンティブを与えることができるのではと思います

非正規から正規への転換支援

助成金を使って、半分無理やり非正規待遇職員を正規に転換するという支援策です。最終的に企業にとってメリットがでないといけないので、コストパフォーマンスとの見合いで行政側がどこまで踏み込めるのかが鍵になると思います

政府部内での検討の動向

さて、実際の政府部内での検討状況はどうなっているのかというと、2017年に決定された働き方改革実行計画*2の中では以下のような対応の方向性が示されています(下線は筆者によるもの)

就職氷河期に学校を卒業して、正社員になれず非正規のまま就業又は無業を続けている方が 40 万人以上いる。こうした就職氷河期世代の視点に立って、格差の固定化が進まぬように、また働き手の確保の観点からも、対応が必要である。35 歳を超えて離転職を繰り返すフリーター等の正社員化に向けて、同一労働同一賃金制度の施行を通じて均等・均衡な教育機会の提供を図るとともに、個々の対象者の職務経歴、職業能力等に応じた集中的な支援を行う。

これだけだとかなりアバウトな記述なので、2018年3月の労政審人材開発分科会の議論*3の中からもう少し具体的なものを取り出してみました(下線は筆者によるもの)。上記で取り上げた3つの方向性に従って淡々と施策を拡充しているんだなという感じです

  • 就職氷河期に就職時期を迎え、現在もフリーター等として離転職を繰り返す方の正社員化に向けて、短期・集中セミナーの実施わかものハローワークにおける就職支援事業主への助成措置の創設など、個々の対象者に応じた集中的な支援を行う。
  • 雇用保険法を改正し、倒産・解雇等により離職した若者に対する基本手当の所定給付日数を引上げる。

1ポツの「事業主への助成措置」というのが少々わかりにくいですが、昨年度から厚労省の方でこんな制度をスタートさせているようです*4。要は非正規→正規への転換促進施策ですね

特定求職者雇用開発助成金(長期不安定雇用者雇用開発コース)

概要
いわゆる就職氷河期に就職の機会を逃したこと等により長期にわたり不安定雇用を繰り返す方をハローワーク等の紹介により、正規雇用労働者として雇い入れる事業主に対して助成されます。

やっぱり厚労省の対応ぶりも総花的というか、積み重ねでやっていくしかないんだなという印象です

ということで、今回はこの辺で

*1:実際の白書はもう少し丁寧な考察をしてますので、詳細はこちらをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/17/dl/1-02.pdf

*2:こちらのPDFを参照

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000179750.html

*3:こちらのPDFを参照

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000196149.pdf

*4:正直に言えば遅すぎる感が強いです。at人事様のコラムに詳しいのでご覧ください。

https://at-jinji.jp/blog/5226/

メルマガ第11号&今週のツイート

7月16日付でメルマガ第11号を配信しました

今回のコンテンツはこんな感じです

[1]今週のニュースクリップ
- 概算要求基準閣議了解
- 新たな在留資格創設へ
- 国家公務員の残業規制を検討
- 賃上げ3%届かず
- 総人口9年連続減少
[2]身の回りの話
- 漏れなく考えるということ
- 前例主義
[3]公共経営ラボ
[4]連載:官僚男子の落とし方(3)
[5]対話コーナー

第11号概要

今週は色々と興味深いニュースがあったのでニュース解説を多めに入れました。6月にとりまとまった色々な政府計画を受けて、個別の施策が検討体制に入っていっていますという話と、あとはシーリングの話とか人口減少の話を問題意識と一緒にコメントしてます

身の回りの話は官庁訪問絡みで、役人としてあるべき思考のプロセスについて考えてみました

連載企画:官僚男子の落とし方は第3回目です。官僚男子と会うためによさげなアプリとか、会ったやつが微妙だったときどうしたら良いかについて書いてます笑

対話コーナーは引き続きメルマガバックナンバー企画の質問返しです。今回は会計検査院についての印象と問題点を取り上げてます

今週のツイート

色々試行錯誤してますが、ニュース系のコメントはこっちにも書いていこうかなと

 文書管理は今週のメルマガからも漏れちゃったんですが、いずれ取り上げられればなと思います。今回の事案の問題の本質ってそこじゃないでしょということなんだと思いますが、、

最後に

メルマガの登録、ツイッターフォローは以下までお願いします。引き続きよろしくお願いしますー

www.mag2.com

twitter.com

メルマガ第10号&今週のツイート

7月9日付でメルマガ第10号を配信しました

今回のコンテンツはこんな感じです

[1]今週のニュースクリップ
- 松本智津夫死刑囚の刑執行
- 与党 認知症支援で議員立法
- 教員にタイムカード導入?
[2]身の回りの話
- 街コンへ行く官僚たち
- 官庁訪問の面接官として
[3]公共経営ラボ
[4]連載:官僚男子の落とし方(2)
[5]対話コーナー

第10号概要

ニュースクリップは3つ取り上げてます。誰もが注目した松本智津夫死刑囚のニュースから与党の議員立法の動き、教員の働き方に関する自治体での議論の紛糾の模様まで幅広くさらっています

身の回りの話は恋愛事情と官庁訪問の2本立てです。ご要望に応じて少し拡充させたつもりです。官庁訪問のところでは面接官としての感想やら控室での動き方なんかまでちょこちょこ触れてます

前回から始めた連載企画は今回で2回目。霞が関近辺のデート向けのお店特集です。取り上げたのは六本木、恵比寿、虎ノ門、新橋、溜池山王などなど。いずれリバイスしたパワーアップ版をどっかに掲載したいと思います

対話コーナーは省庁間連携についてのご質問。以前の連載企画でも少し触れましたが、役所間の連携についてもう少し網羅的に、3つの切り口から解説しました

今週のツイート

メルマガでも触れましたが、官庁訪問があったので。学生の皆さんはそろそろ佳境ですが、ぜひ最後まで頑張ってください。IQと愛嬌です

最後に

メルマガの登録、ツイッターフォローは以下までお願いします。引き続きよろしくです~

www.mag2.com

twitter.com

ストレスと愚痴について

後輩の女たちからよく相談を受ける

彼氏と別れたので慰めてくださいだとか、今後のキャリアビジョンが見えませんだとか、もっとストレートに辞めたいと思ってますだとか

対応は難しい。答えはない

あんまりよしよしとやり過ぎて友達化してもよくないし、シカトし過ぎるとあいつは面倒見が悪いということになる

どんなに忙しい時期でも、そろそろ重症かと思ったくらいのタイミングでその辺のオサレレストランへ連れていき、ぎゃんぎゃん愚痴吐いてもらって、うんうんとひたすらうなずき、ガンガンうまいメシ食わせて、すっきり帰ってもらう

こうすると勝手に株が上がっていく

さて、ここで俺の面倒くせーという思いは誰が受け止めてくれるのか?

俺は誰にも言わない

基本的に愚痴、悩み、相談なんてのは吐けば吐くほど自分のレベルが下がるだけでメリットは一切ない

そんなことより俺はもっと良い仕事がしたい

その他のストレスにしてもそう

仕事でためたストレスは仕事で発散する

発散しきれなかった分は一人で酒あおって忘れる

本当に良い仕事がしたいなら傷を舐めあってる場合じゃないんだよ

 

メルマガ第9号を配信しました

7月2日付でメルマガ第9号を配信しました

今回のコンテンツはこんな感じです

[0]お知らせ
- バックナンバーを配信
- Twitterアカウント開設
[1]今週のニュースクリップ
- 働き方改革法案成立
- 跳び箱事故 再発防止策に疑問
[2]身の回りの話
- 趣味や休日の過ごし方
[3]公共経営ラボ
[4]連載:官僚男子の落とし方(1)
[5]対話コーナー

いただいたアンケートのご要望の中で、恋愛ネタに関する需要が意外とあったので、新連載企画として「官僚男子の落とし方」をスタートさせました。今まで全7回に分けてお送りしてきた「政策立案の現場から」はいったん休止します

そのうち「官僚女子の落とし方」もやるんで、ハイスペ志向の諸兄はもう少々お待ちを

対話コーナーはしばらくアンケートの中でいただいたご質問をひたすら消化していこうと思います。全部だと少し時間かかると思うので、ライトなものはブログ記事でも消化していこうかなと

バックナンバーの配信はまたやるので気長にお待ちいただければ

メルマガのご登録&ツイッターアカウントは以下からどうぞ。今後ともよろしくです

www.mag2.com

twitter.com

Twitter開設&バックナンバーを配信しました

Twitterアカウントを開設

試験的にツイッターのアカウントを開設しました

twitter.com

個人的なことや、ブログ記事・メルマガで取り上げるほどでもないちょっとした小ネタなどはこっちに集約しようかなと

これに伴い、ブログ内の完全プライベートネタも整理していきますのでよろしくお願いします

フォロー、リプライなどお気軽に

メルマガのバックナンバーを発送

先日のメルマガ第8号(以下参照)で募集していたバックナンバー用の読者アンケートについて、先程一斉にご返信しましたのでお知らせします

smizuki.hatenadiary.com

ご希望によっては3万字を超えるボリュームになりますので、届いていない等ありましたらお手数ですがご連絡ください

なお、バックナンバーの締切は次回の配信(7月1日頃を予定)までとしています

すでにプライベート面の記述を充実してほしい、社会問題への対応策を取り扱ってほしい、特定の政策について意見を聞きたい、などなど本当にたくさんのご意見をいただいており、ありがたい限りです

頂いたご要望にはすべて対応しますので、もう少々お待ち下さい