官僚日記

理想の女、理想の政策

看護師

某日23:00 池袋

くたくただ。あれから俺は猛烈に働いていた。時に朝から晩まで一睡もせずメールを打ち電話をかけ上司のお供をし会議のセッティングをした。去る金曜日、たまたま22時頃に退庁できることになったため、俺は池袋のバーで一人で飲んでいた。

ふとスマホを見るとラインが届いていた。昔の女からだ。いまは看護師になっていた。

「今日はたまたま東京に出てきているの。池袋の東横インに泊まってる。会いたい」

ひどく疲れていた。誰でもいいから抱きかかりたい気分だった。今は別の男と付き合っているであろう女と、俺は会うことにした。

女が店に着く。昔から変わっていない。あどけない顔にまんまるの目、華奢ななで肩にすらっと伸びた足。

「久しぶり。一人で飲んでいたの?」「いや、いま来たところだよ」「うそ。もう酔っ払ってる」「まさか。今日は何で東京に?」「好きなアーティストのライブ」

ふと、この女と昔一緒に聴いていた曲が思い出される。俺たちは本当に変わっていなかった。他愛もない昔話が新鮮だった。酔いと疲れでもうろうとした頭で、俺はこの女とまた昔のように抱き合えると勘違いしていた。

「そろそろ終電じゃない?」「いや、今夜は泊まるよ」「どこに?私の部屋、シングルだから入れないよ」「じゃあ、どっかで飲み直そう」「無理、あした早いから」

強引に腕をつかむ。嫌、と振り払われた。「無理、帰って」

俺は、浮気されて別れた女を昔の女に重ねてホテルに連れ込もうとする、どうしようもない男に成り下がっていた。

「ごめん、もうそういう目で見れないの」

わかった、とつぶやいて、俺は力なく駅に向かった。

すべてを酔いと疲れのせいにしてどこかに消えてしまいたかった。

キャリアの同期女子

某日 池袋

他省庁キャリアの同期の女とアポ

ルックスはそこそこ、スタイルも悪くない。これで3度目。うまが合う

昼から会ってお茶してメシ。なぜかピンポイントでベトナム料理が食いたいと言い出したので適当に入る

いいところだねと女。たまたまだったが割りと洒落ていてメシもうまい

何度か通っている東口のバーで締め

俺はいま猛烈に後悔しているが、少なくともこの時はいい女だと思っていた俺はホテル連れ出しを画策

会計を済ませ、店を出る

終電が近い。俺は北口へ誘導する。女もついてくる

無言のまま線路沿いに歩く

俺は池袋のホテルならガネーシャが一番好きだ。北口界隈の怪しげな店が立ち並ぶほんの手前にあり、女がちょっと意識し出したくらいのタイミングで考える時間を与えず自然に連れ込める。リーズナブルでそこそこ清潔でもある

階段を上がり入店

獣になる

 

翌朝、俺たちは昼過ぎまで起き上がれなかった。身体の相性が最高だった

同期の女子会に間に合わなくなるから、と言って女はやっと起き上がった

長い後悔の始まりである

官僚は無能なのか

よくある官僚無能論について。最近では不夜城霞が関で薄給ながら24時間365日国のために尽くす素晴らしい人々などという見方もちょこちょこ出てきているが、官僚無能論は未だに日本に根強い。実際に働いている人間からすると、問題の根本は非常に単純明快で、

年々業務量は膨大化していっているのに人数は削減される一方

というただ一言に尽きると思う。

基本的に役所というのはその存在の性質からしてスクラップアンドビルドが極めて苦手な組織である。基本的に彼らは「効率性」という言葉を全く重んじない。何か新しいことを立ち上げるのに理屈が必要なのはどの組織でも同じだが、鳴り物入りでスタートしたある行政サービスが何年かののちその役割を終え、明らかに当初からは注目度が低下し誰も気に留めなくなったのに、「廃止する理屈がない」という理屈で延々と続けられる行政サービスのいかに多いことか。

一方で野党は延々と公務員バッシングを続け、行政のスリム化の名のもとに定員は年々縮小されていく。これでは当然一人あたり業務量は増加し、本来注力すべき業務へのリソース配分が低下することでクオリティの低い行政サービスが提供されてしまう。

こうしてずさんなアウトプットを見た政治家と国民が「最近の官僚どもはだらしない」と騒ぎたて、もっとこの役立たずどもの人数を減らせと喧伝し、さらに少ない人数で既存のあらゆる所管業務を担当することになり、一層低質なサービスが供給され、・・・という無限地獄が繰り返されていくのである。

ハッピーバレンタイン(生保嬢その後)

ずるずると続いている生保嬢にバレンタイン何かくれないのと言ったら、おうちにおいでと言われた。俺の家から1時間かかる僻地だが、せっかくなのではるばる遠出して自宅へ上がり込んだ。

一人暮らしの女の家ってのは、なんつーか男の一人暮らし以上にリアリティのかたまりじゃねーかと感じる。どんなに綺麗な女だろうと同じ人間なわけで、もそもそメシも食えば排泄だってする。取り繕った掃除ぐらいじゃ拭い切れない、ひとりの人間の活動した痕跡がそこら中に散らばっている。まあ、そういうのはどの女だって同じだ。学生時代の女、社会人ほやほやの頃の女、遊びで付き合った女。

昔を思い出しながら感傷に浸っている間もなく、なんだかよくわからないごちゃごちゃとしたオムライスのようなメシが出てきて、きったねえ家にきったねえメシ、でも女は美人でご奉仕してくれる、なんだか妙に家庭的なその空間で、俺は結婚てのも悪くねーのかなとぼやんと思った

だんだんとこの生保嬢をセフレ化することへの負い目がでかくなり、その晩は珍しくなにもせずにただ抱き合って眠って終わった

翌朝、女は行くところがあるとだけ言い残して家を出て行った。俺はまどろみのなか、女の家の干からびたベッドでひとり惰眠を貪った

昼過ぎ起床。机の上のパンをかじる

カギを郵便ボックスに入れ、1時間かけて帰宅。これからまた合コンだった

職場の昔の上司に誘われて行ったその合コンには、それなりにレベルの高い女がいた。

出身地いじり、もちものいじり、かと思えば「〜〜たん」と呼んで甘えたり、調子に乗ったところを突き放したり。食いつきは良かった。ただ、どうしても気分が乗らなかったため、終電で帰宅した。すぐにラインが来た

この女ともまたずるずると続くのだろう。そうして色んな女が俺の手をすりぬけていく

ただひとり残る女がこの後の人生で現れるんだろうか

俺の家のベッドはシングルだ

今晩は一人で眠りたい気分だった

若手キャリア官僚の年収

元経産官僚が実名で給与明細公開してた気がするが、官僚の年収はボーナス込みでだいたい下記の通り

・係員クラス(1〜3年目):500万

・係長クラス(4〜6年目):600万

・課長補佐クラス(7〜15年目):800万

・企画官クラス(16年目〜18年目):700万

・課長クラス(19年目〜):800万

指定職(官審)以上は明細見せてもらったことがないのでよくわからない。基本給が低い反面、若手は特に死ぬほど残業させられるため、割には合わないもののそれなりにもらえる。企画官以上になると残業代がもらえなくなるため、補佐がおわるとちょっと下がる。課長になるとまた盛り返す。手取りは上記のだいたい0.7掛けくらい

 

県庁職員

某日 21:00 新宿

たまたま知りあった東京出向中の某県庁職員とデート

アラサー独身、彼氏なし、胸がでかい

気立てがよく天然

マルゴグランデで軽く食ってritbarあたりにでも行くか、という算段

1軒目入店、スパークリングで乾杯

お上りさん全開なので目に映る全てがきらきらしているらしい

創作料理でもない至って普通の料理にも運ばれてくる度にいちいちはしゃぐ

いい感じ、だがなんだかめんどくさい

都会で擦り切れたキャバ嬢みたいなのを手っ取り早く酔わせて喰いたいだけなんだが、なんだかこの純真な女の子に同じことをするには良心の呵責が…

というわけで2軒目行かず、急用ができたと告げて放流

表参道のパンケーキを食いに行こうと口約束したが、多分もう二度と会うことはない

「またね」と彼女は新宿JR東口の雑踏に紛れて消えた

財務省との戦い

俺は財務出身じゃないが、まあはたから見ていてもやつらは強い。個々の人材の厚みはもちろん、よく統率された組織全体のパワーもあり、そして各省の個別予算を全て握る省としての格もやはり頭一つ抜けている

某日、とある政策のとりまとめにあたって財務協議が本格化しだした頃、見知らぬ顔の連中がドスドスと足音を立てて執務室内に乗り込んできた。なにやらうちの課長と打合せのようだ。パーティションで区切られた打合せスペースからは、開口一番「てめえ、何考えてやがんだ!」の怒鳴り声。うちの課が財務をすっ飛ばして中間報告を公表してしまったことに相当ご立腹のようだった。別にうちの省がどんな報告出そうがカンケーねえだろうと俺は思っていた

その日、俺は課長と連れ立って馴染みのバーへ行った

「俺は間違ってないと思うんです。あいつらがなんと言おうがうちはうち、この件に関してはあいつらがごちゃごちゃ言おうがうちが主導権とって回していくべきだし、やつらとは戦わないといけないと思います」

「無茶言うなよ。今も昔も、あいつらとがっぷり四つで戦って勝てる省庁なんてない。なんとか引き分けられれば御の字だろう」

課長はしんみりとマッカランをあおった。財務との協議の最前線に立ってひとり戦う課長の言葉を前に俺はそれ以上何も言えなかった

その件は以降も財務と揉めに揉め、結局は5分5分の内容で最終成果物が公表され幕を閉じた。局全体で力を入れていた思い入れの強かった政策だけに、えも言われぬもやもやだけが俺の中に残った