官僚日記

理想の女、理想の政策

1億総活躍ってなんやねん

アベノミクス3本の矢のおさらい

・金融緩和

財政出動

・成長戦略

結果:企業収益や失業率等、それなりに「アベノミクスの成果」と呼んでも良いような指標もちらほら出てきた

マイナスの側面:格差、格差、格差!

アベノミクスが一巡したくらいから一時期民主・共産の議員を中心にアベノミクス=格差的なレッテルで国会論陣が張られたわけだが、まあ確かにセーフティ・ネットとか貧困対策に現政権はほとんど力を入れてなかった。予算委でも格差集中審議とか組まれたし最賃や正規非正規問題は手薄なところだった。これは事実

成長路線、トリクルダウン路線が明確だったからこそ、「格差」寄りな厚労省に塩崎大臣を充てたのは絶妙な人事と周囲でももっぱらだった

来年、現行のSNAに日本も対応すればGDP確実に上がるので、そろそろ守りも固めようという腹づもりなんだろうと言われている。新3本の矢に子育てと社保がぽっと出てきたのは多分そういう理屈